Event is FINISHED

GovTechサミット 2019年2月10日 (日)

Description
- 自治体×スタートアップによる課題解決のノウハウを神戸から全国へ -

 神戸市では、全国の自治体に先駆け、2017年よりスタートアップ・ベンチャー企業と行政職員が一緒に、社会・地域課題を解決するサービス開発を目指す「Urban Innovation KOBE」をスタートしました。先進的なこの取り組みに関しては、他の自治体から視察や問い合わせが多く寄せられています。さらに、いくつかの自治体では、個別にスタートアップ・ベンチャー企業との連携協定を締結することで、自治体の抱える課題をテクノロジーやデータを活用して解決しようとする動きも見られます。

 そこで、Urban Innovation KOBEの成果を発表すると共に、自治体とスタートアップ・ベンチャー企業との連携に関する事例や知見を共有し相互の発展を実現するため、神戸市が主導して「自治体×スタートアップGovTechサミット」を開催します。地方自治体が、GovTechをテーマにしたイベントを開催するのは全国初です。

 あわせて、このGovTechサミット及び本市の取組みに関して、首都圏の学生や社会人などをターゲットに、幅広く広報展開を行います。神戸で起業したり、働いたりすることの先進性や面白さを伝えることで、「神戸で働く・住む魅力を発見する」きっかけをつくります。

【開催概要】
日 時:2019 年 2 月 10 日(日) 13:00~18:30
主 催:神戸市
場 所:SMBC ホール(三井住友銀行東館 ライジング・スクエア)
   〒100-0005 東京都千代田区丸の内1−3−2
参加費:無料

【プログラム(予定)】
13:00-13:10 オープニング
Startup with KOBE

13:10-14:10 オープニングセッション
GovTechという緩やかな革命ーテクノロジーを手に誰もが参加できる行政の仕組みー
講演 尾原 和啓
対談 関 治之 (神戸市役所 チーフ・イノベーション・オフィサー)

14:10-15:00 スペシャルセッション 「Digital or Die!」このままでいいのか日本?
プレゼンテーション 「経済産業省が進めるデジタルトランスフォーメーション」
経済産業省 商務情報政策局総務課 情報プロジェクト室 室長補佐 吉田泰己

パネルディスカッション:現場の本音を引き出します!「Digital or Die!」時代のあり方。
内閣官房 政府CIO上席補佐官 ・ 経済産業省CIO補佐官 平本健二
経済産業省 商務情報政策局 総務課 情報プロジェクト室 デジタル化推進マネージャー 酒井 一樹
株式会社ウィズグループ 代表取締役 奥田 浩美(モデレータ)

15:10-15:50 自治体xスタートアップ 共創への取り組み事例
Urban Innovation Kobeの取り組み 神戸市役所 多名部 重則
スタートアップピッチ
・ためま株式会社
・FlyData株式会社
・コガソフトウェア株式会社
・ディグランド株式会社
・株式会社トラフィックブレイン
・ACALL株式会社
・株式会社モンスター・ラボ

パネルディスカッション
自治体xスタートアップの取り組み、失敗も成功もすべて公開します!
・ためま株式会社 代表取締役 清水 義弘
・株式会社トラフィックブレイン 代表取締役社長 太田 恒平
・神戸市長田区 係長 真柴 由実
・神戸市役所 係長 三嶋 潤平
・神戸市役所 ITイノベーション専門官 中沢 久(モデレータ)

15:50-16:20 スタートアップコミュニティから見る自治体の意味
株式会社ウィズグループ 代表取締役 奥田 浩美(モデレータ)
500 Kobe リエゾンオフィサー / 山下計画 山下 哲也 
スタートアップピッチ&パネルディスカッション
・株式会社Compass 大津 愛
・株式会社KURASERU 川原 大樹 
・株式会社DentaLight 藤久保 元希 
・株式会社Momo 大津 真人

16:20-16:40 提言セッション:GovTech推進に向けて、共に動くために必要なこと
神戸市 副市長 寺﨑 秀俊
内閣官房 政府 CIO上席補佐官 ・ 経済産業省CIO補佐官 平本 健二
関 治之 (神戸市役所 チーフ・イノベーション・オフィサー)

16:50-17:30 GovTech カフェ (グループ・ディスカッション)
参加者が少人数に分かれ、カフェにいるようなリラックスした雰囲で、グループ・ディスカッションを行います。各テーブルは4名〜8名を想定しており、対話する内容は全国から寄せられたテーマで、そのテーマを設定した”TF:テーブルファシリテータ”がつきます。

<GovTech カフェ テーマおよびTF一覧>
1. 神戸GovTech事例オフレコ話(セッションで言えなかったこともここで話すよ)
 TF:中沢 久 神戸市役所 
2. 若い世代の視点を行政に(若い世代の声は行政にどう届けられるのか)
 TF:テンプル大学 岸大樹(学生) / 立命館アジア太平洋大学 上原 拓也(学生)
3. 小さい自治体の為のGovTechとは?本当に必要なサービスはなにか。
 TF:澤辺寛 上智大学 (学生 姫路出身)
4. UIKプロマネと考える行政におけるアジャイル開発のコツ 
 TF:吉永 隆之 神戸市役所
5. テクノロジーで変えられる女性×就労とは
 TF: 小安 美和 株式会社Will Lab 代表取締役
6. 福祉・介護分野におけるGovTechとは
 TF:神戸貴子 N.K.Cナーシングコアコーポレーション合同会社代表・遠距離介護支援協会 / 和賀未青 ソーシャルワーカー
7. データを利活用した政策立案
 TF:市川 博之 Code for Japan
8.鎌倉市(予定
9. 常識の壁を越えよう- 問題解決のためのTransferable Skills (異分野で通用する力) とは
 TF:山下哲也 500KOBE Liaison Officer 岡山大SiEED Program Director
10. Govtechが叶えるヘルスケアの未来 -[今の医療は、望んでいるものか]-
 TF:横山理佳 株式会社OWLS / 石橋麻希 聖マリアンナ医科大学大学院研究科 
11. Fashion x Goverment (ファッションを切り口としたテクノロジーがどう地域振興に役立つか)
 TF:松尾 圭祐 富士通株式会社 (オープンイノベーション担当)
12. GovTechを若い世代の心強い味方にするためにー海外事例リサーチから考えようー
 TF:笹谷由佳 大学院進学を前にインターン中
13. 技術者が考えるGovTechあれこれ
 TF:清水陽子 インフラエンジニア &  横澤 早智子 半導体エンジニア
14. ホントに紙とおさらばできるのか?
 TF:片倉陽子 GovTechに興味ある会社員 & 奥島裕美 神戸市役所
15. 社会・政策データから住民の心理を「現状分析」してみよう
 TF:西村 健 NPO法人日本公共利益研究所、事業創造大学院大学国際公共政策研究所 研究員・ディレクター 
16. "私にとって無駄"なものには価値があるのか?
 TF:若狹 正生
17.「テクノロジー」と「共創」で変える!変わる! 【未来の防災】
 TF:山川友紀子 企業防災スペシャリスト
18. 外国人在住者の言葉の壁をGovTech視点で課題解決するには
 TF:永野将司 株式会社NIHONGO 代表取締役


16:50-18:30 展示会・交流会

【アクセシビリティ】
ACCESSIBILITY
本イベントではアプリ「UDトーク」を使用して音声認識と自動翻訳によるリアルタイム字幕の提供を予定しています。
お手元のスマホ/タブレットでご覧になる方は携帯用のバッテリーのご持参を推奨します。その他、特別な配慮が必要な方はお申し出ください。

【公式HP】 https://govtechsummit.jp
【公式Facebook Group】 https://www.facebook.com/groups/558902211213484/




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#406778 2019-02-04 05:03:19
More updates
Sun Feb 10, 2019
1:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
SMBC ホール(三井住友銀行東館 ライジング・スクエア)
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1−3−2 Japan
Organizer
KOBE Startup Connect
930 Followers